物流コスト削減にはネットワーク管理強化

物流というのは広い範囲に渡る作業の流れがあります。
大きな企業では自社の子会社としての物流会社を持っているところもありますが、大抵は物流会社へ集荷と配送を依頼するようになっています。
輸送に関するコストは非常に高く、その内容は搬出・搬入に関わる人件費が殆どを占めます。
物流コストを削減する為には、この人件費を含めた輸送費をどこで節約できるかがカギになります。
最近ではせっかくIT技術が進歩したのですから、まず無駄な輸送ルートを無くす為にもネットワークを強化する必要があるのではないでしょうか。
集荷担当者へきちんと連絡がいくこと、エリア毎にデータをまとめて管理できるようにするとスムーズに集荷ができます。
次に長距離輸送によるガソリン代や高速道路の代金を節約するには、輸送の為のトラックも小さくするように荷物の仕分けをしておきます。
一番コストがかかるのが倉庫での人件費や保管費ですので、在庫に関してはネットワークでしっかり管理をして回転率を上げるようにします。
どこの倉庫にどの商品があるのかを完璧に把握しておけば効率よく集荷して早く輸送できるので、顧客満足度も上がります。
倉庫は非常に広い面積を持つので都心からは離れた場所にあることが多いです、大きな物流会社では倉庫を沢山持っていますが、小さいところは一つの倉庫に何社か一緒に入っています。
共益費も折半できるし多少手狭でもターミナル機能がありますので、そういうところは上手に運営できています。
実際にそこで働くオペレーターの数も含めると、自分の倉庫を持っている方がコストがかかる場合もあるのです。
データ管理を徹底して誰でも使えるネットワークを確立すれば、勤務時間を短縮して副業を必要としている人の為に深夜アルバイトを雇用するというのも良いかもしれません。
最近ネット通販等でよくやっている、在庫を持たない販売方式は物流コストの削減に一番良い方法です。
注文が入ったら直接工場から出荷するようにすれば、倉庫の費用がかからずに済みます。
注文が入るまで一歩も商品が動かないので無駄な輸送費は一切かかりません。
しかも必要な分だけ出荷するので前日したトラックの大きさも調節ができ、無駄な在庫を持たずに済みます。
顧客にしてみれば本当にその商品が欲しいならば、取り寄せにしてもらう形にした方がお得感がでるものです。
輸送の無駄を省く、これが物流コスト削減に一番役立つのです、その為にはネットワークシステムの確率が大前提です。

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Visit our friends!

A few highly recommended friends...

    Archives

    All entries, chronologically...